お役立ち!健康診断代行サービス6選

トップ > 健康診断の代行サービスとは > 健康診断の代行はとても便利です

健康診断の代行はとても便利です

 会社員なら1年に1回必ず健康診断があります。
会社が実施時期を決めて医療機関への手続きを進めていくのですが、想定していたより手間がかかって大変な業務になる事が多いです。
総務部などが進めていくのですが、検診機関と従業員のスケジュール調整や受診状況の確認は本当に大変です。
元来会社が行う業務を後に回してでも、やらなければいけない可能性もあります。
もしこの業務を誰かが行なってくれれば非常に助かります。
健康診断の代行業務ならこの部分を全てフォローしてくれるので、効率化を目指す意味でも利用する価値はあります。
様々な会社が代行業務を行なっているので、複数の会社を比較してメリットやデメリットを確認して選ぶのがいい方法です。
社員の健康は会社の財産になるので、得になる事が多いです。

 会社が急成長している所は非常に忙しいので、健康診断をきちんと行っていても受診をしないでそのままにしてしまう人もいます。
せっかく有能な社員でも病気になってしまうと戦力にならず事業を行う上で大きなリスクになる可能性があります。
代行会社に任せる事で未受診の社員がいるのか追跡する事が出来ます。
未受診者がいれば受診するように連絡を入れて、受診率アップを目指します。
勧告だけではなくて日程調整も再度行ってくれますし、その結果どうだったか確認作業も徹底しています。
会社内部だけで行なっている場合よりも代行会社を利用した事で、何割も受診率をアップさせた会社もあります。
再検査も必要な人には受診させるように徹底させるので、大きな病気に繋がりにくくなり場合によっては早期で処置をする事も出来ます。

 健康診断はただ受けさせるだけではその後の不安者に対する管理が完璧ではないです。
誰がどのような状態なのかは簡単に把握出来る事が大変重要になります。
紙による管理ではスピーディーに情報にたどり着く事が難しいですし、膨大な量のスペースを取ってしまう可能性もあります。
健康診断の代行会社ならデーターに簡単にアクセスする事が出来て、閲覧する場所の自由度も非常に高いです。
有所見者も簡単に抽出する事が出来るので、すぐに指導改善させる事も可能です。
また体の事情に応じた配置転換もスムーズに進めやすくなります。
指導も有所見者に対してチャットなどで、よりダイレクトに訴えていく事が出来ます。
病気になってからのフォローでは従業員も完治するまでに時間がかかってしまいますし、大切な戦力を一時的に失ってしまいます。
未然に防ぐためのノウハウを持っている代行会社は休み大きなメリットがあります

次の記事へ