お役立ち!健康診断代行サービス6選

トップ > 健康診断の代行サービスとは > 健康診断の実施を代行してくれるサービス

健康診断の実施を代行してくれるサービス

 最近進められている働き方改革の背景には、長時間労働による健康問題の発生があります。
使用者である会社には、労働安全衛生法において健康診断の実施が義務づけられています。
一般的な項目に関して行われる健診もあれば、業種によって特定の項目によって行われる健診等が定められています。
これらを実施し、使用する社員の健康保持の増進に努めるとともに、所轄労働基準監督署に報告する義務があります。
さらに、健診の結果に応じて保健指導を行う必要も出てきますので、かなり煩雑な業務負担となります。
年齢や業種によってどの検査項目を受けさせるべきか分かりませんし、その管理も大変です。
健診を請け負ってくれる医療機関との契約締結や更新の手続きも必要になります。
利用者からは利便性の向上、例えば受診機関を増やして欲しいといった要望も寄せられ、対応することはなかなかに困難です。

 加えて、社員と健診機関の予約の手配や予約後のキャンセルや時間変更等、利用者からの問合せに追われます。
予約状況、受診状況も把握が容易でなく、リアルタイムでの未受診者の人数の把握も難しいです。
受診機関に対する精算業務、健康診断結果の送付時期が異なるなど事務が錯綜してしまいます。
そこで、最近では健診業務に関する業務をすべてを一括して請け負う代行業者が出てきています。
業者にアウトソーシングすることで、検針業務に関して大幅な業務効率化が実現できます。
アウトソーシング化することにより、余分なコストを低減させ、新規事業や新製品の開発等、本来的な業務に優れた人材や費用を振り向けることができ、社内資源の適切な運用が可能になります。
結果として、外注費用を上回る効果を得ることができます。

 アウトソーシング化により、健診業務にかかわる人材の採用コストや教育コスト、退職金、福利厚生等の費用が不要となります。
この費用のうち一部はアウトソーシング費用に充てられるのはもちろんですが、それを差し引いても社員を増やすことなく、健診業務を円滑に遂行することができます。
社員を採用するよりも低コストになりますし、外部設備を活用することで、健診に必要な設備、備品を整備する必要もありません。
もともと健診業務のアウトソーシングを行う機関は、多くの医療機関とも提携していますので、選択肢も広がります。
このことは社員にとってもプラスに作用します。
会社によって健診に関する問題はそれぞれに異なりますが、それぞれの実情に応じた健診システムを構築し、その運用を代行してくれます。

次の記事へ